コーチング資格、講師養成スクールで社会に貢献する名古屋(新栄・吹上)、豊田、東京(品川・高輪台)のNPO法人WinWin育成協会

WinWin育成協会のロゴ


現在のページ:トップ > 受講者の声 > 青木 直子(あおき なおこ)

青木 直子(あおき なおこ)

青木 直子(あおき なおこ)
コーチングを学んだら、イライラが減ってニコニコ&イキイキしている時間が増えました!【2013年初受講~2020年「変化したこと」等更新】
【保有資格】
・WWFA認定コーチング・ベーシック(2013年7月)
・WWFA認定コーチング・アドバンス(2014年2月)
・WWFA認定コーチングインストラクター(2014年7月)
・WWFA認定プロフェッショナルコーチ資格(2015年12月)
【受講のきっかけ】
専業主婦として育児をしているうちに、家族に対してとても怒りっぽくなっていました。コーチングは育児にも再就職にも役に立つと思い、受講しました。
【学んで良かったこと】
いろいろな年代、職業の方々と共に学ぶことで視野が広がりとても励まされました。
また、「コーチングで学んだことを実践する」という軸を持つと、単調だった日々が面白くなっていきました。
特に、相手が自分で考えて行動することをサポートするコツがわかり、友人や家族の悩みや相談を聴く際にとても役に立っています。
今後はコーチングを通して人々が自信を持って輝き続けるお手伝いをしていきたいと思っています。
【アドバンスコーチングフロー】
「自分を見つめるコーチング:怒りと対話するコーチングフロー」
ついカーッとなって怒っては自己嫌悪・・・。
でも、怒りも自然な感情のひとつ。大切なメッセージ。
「怒らないようにしよう」というよりも、まずは「怒ったら何をするか」、「怒っていない時に何ができるか」という行動を考えます。
また、怒りとは関係なく「やりたいこと」についても自由に思い描いているうちに心の扉が開いて新しい可能性が見えてきます。
私自身がイライラと怒りに悩んでいた時にセルフコーチングを重ねることで見つけた、怒りをプラスに変えるコーチングフローです。
【変化したこと】
WWFAでコーチングを学び始めてから7年が経ちました。その間、コーチング、傾聴、対人理解、ポジティブ心理学、繊細さ(HSPやエンパス)などに興味関心が広がっていきました。学びを続けていくうちにコーチをライフワークとしていこうという決意に繋がっていきました。特に、WWFAで学んだ承認と伝えるスキルは実際の人間関係の困難に直面したときに、現状改善の一歩をスムーズに進める工夫をする際に助かっています。(2020年10月追記)
【継続中のコーチング活動】
「話して、進んで、健やかになる」傾聴・コーチング・魔法の質問のオンラインセッションをご提供しています。
ご本人の繊細さや体力の状態にも配慮して、安心して一歩ずつ進んでいけるようなサポートをします。ご利用者様にとっての息抜きの時間ともなるようなセッションを心掛けています。
また、自身の経験から、不定愁訴・化学物質過敏症の患者とその関係者を対象としたピア・サポート事業も行っていきます。

すなおコーチング
https://www.sunao-coaching.com/
【関連リンク】